ナランフレグ(牡6、宗像)は春スプリント王の意地を見せて3着に食い込んだ。後方待機から直線は内に進路を求め、馬群をさばいて上がり最速タイ33秒9の豪脚を繰り出した。 丸田騎手は「スタートしてすぐ接触してしまい、思ったより1列後ろになりま…...

このサイトの記事を見る

powered by Auto Youtube Summarize

にっこりなサービス
おすすめの記事